新型コロナウイルス感染症 熊本県リスクレベルについて

新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベルについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051409 更新日:2021年12月24日更新

現状認識

 リスクレベル①リスクレベル②

 

 本県の12月22日の入院者数は0人(最大確保病床に対する使用率:0%)、12月16日からの一週間の新規感染者数は0人であることから、本県のリスクレベルはレベル0とします。
 一方、世界的に流行しているオミクロン株について、東京都や沖縄県などでは入国者との接触による国内感染事例が確認されているほか、大阪府及び京都府では市中感染と考えられる事例が確認されており、今後の拡大が懸念されます。年末には、普段会わない方との交流の機会も増加すると思われるため、県民の皆様には、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。特に、発熱時等は外出を控え、すぐにかかりつけ医等に電話相談していただくようお願いします。
 なお、本県においては国の基本的対処方針に基づき、5,000人を超えるような大規模のイベントの開催においては、感染防止安全計画を定めるなどの対策の徹底を求めているため、事業者の皆様におかれては、留意をお願いします。

 

【1224報道資料】新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベルについて (PDFファイル:1.58MB)


県民の皆様へのお願い

無題

スライド1イベントについて