新型コロナウイルス感染症 熊本県リスクレベルについて

新型コロナウイルス感染症対策に係る国分科会ステージ及び熊本県リスクレベルについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051409 更新日:2021年10月1日更新

現状認識

リスクレベル①リスクレベル②

  全国的に急速な新規感染者数の減少が継続しています。重症者数や死亡者数も減少傾向にあり、医療提供体制・公衆衛生体制も改善傾向にあります。こうした状況から、国は、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置について、全て9月30日をもって解除しました。
 本県の9月23日から9月29日までの新規感染者数は114人(リンク無し感染者数は31人)、病床使用率は9月29日時点で12.1%です。これらから、本県の感染状況については国分科会ステージ分類としてはステージ2の段階となり、レベルとしてはレベル5厳戒警報とします。
 本県の感染状況の改善は継続しており、8月8日から適用されていたまん延防止等重点措置については、前述のとおり解除されました。一方、9月22日に定めたとおり、社会経済活動の再開は慎重に行うため、本日以降についても、熊本市の飲食店への時短要請を継続することとし、認証店については通常営業も可能としたほか、一定の対策を維持します。
 今後の再増加を防ぐため、この時期に感染をしっかりと抑え込むことが重要と考えられるため、県民・事業者の皆様には、改めて基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

 

【1001報道資料】新型コロナウイルス感染症対策に係る国分科会ステージ及び熊本県リスクレベルについて (PDFファイル:2.1MB)


県民の皆様へのお願い

無題123